2014年7月20日日曜日

マウスコンピューターG-Tuneのゲーミングパソコン「NEXTGEAR-MICRO im540GA5-CL-W7」を買ってみた

前のデスクトップパソコン「EPSON Endeavor」、もう6~7年くらい前に買った物でだいぶ古くなってきているのでXP終了前()に新PCを買おうと2ヶ月くらい吟味して選んだのがこれ。新PC購入時は2013年12月

NEXTGEAR-MICRO im540GA5-CL-W7
G-Tuneのゲーミングパソコン
~購入スペック~

  • 【 OS 】Windows(R) 7 Professional 64ビット
  • 【 CPU 】インテル(R) Core(TM) i7-4770K プロセッサー (4コア/3.50GHz/TB時最大3.90GHz/HT対応/8MBキャッシュ)
  • 【 CPUファン 】水冷CPUクーラー
  • 【 CPUグリス 】【高熱伝導率】ナノダイヤモンドグリス塗布 親和産業 OC7 (人工ナノダイヤモンドパウダー40%含有)
  • 【 メモリ 】8GB メモリ [ 8GB×1 (DDR3 SDRAM PC3-12800) ]
  • 【 SSD 】180GB インテル(R) 530 シリーズ (6Gb/s対応)
  • 【 HDD 】2TB 7200rpm (6Gbps対応)
  • 【 VGA 】NVIDIA(R) GeForce(R) GTX770 / 2GB ( DisplayPort / DVI-I / DVI-D ※DVI-HDMI 変換コネクタ付属 )
  • 【 ドライブ1 】DVDスーパーマルチドライブ
  • 【 3.5ドライブベイ 】17メディア対応マルチカードリーダー (SDXC対応/microSDスロット搭載/ブラック)
  • 【 マザーボード 】インテル(R) H87 Expressチップセット ( MicroATX / SATA 6Gbps 対応ポート×6 )
  • 【 ケース 】【G-Tune】NEXTGEAR-MICRO専用ハイグレードM-ATXケース
  • 【 インシュレーター 】標準インシュレーター
  • 【 電源 】700W 大容量電源 ( 80PLUS(R) GOLD )
  • 【 LAN 】[ オンボード ] 10/100/1000BASE-T GigaBit-Ethernet LAN

これだけのスペックで支払い金額は169,680円
安い!安いよ!しかも買った当時はXmasキャンペーンみたいのも行っていて10,500円引きでした。

とても大きなダンボールで来ました。
とても大きなダンボールで来ました。

わくわくしながら開封
わくわくしながら開封
発泡スチロールに守られています
しっかりと発泡スチロールに守られています。

上から
上から
左側面パネル
左側面パネル
メッシュ加工が施された大口径エアインテーク
熱のこもりを軽減してくれくれそうです。

現在は側面を萌え萌えアクリルパネルにカスタマイズできるみたいですね。
買った時はなかったので悔しいです・・・

右側面
右側面
下部に排気穴があるくらい

正面
正面
こちらもメッシュ加工が施された大口径エアインテーク
デザインもコンパクトなのにかっこいい!

前面のパネルはワンタッチで簡単に取り外しできますので掃除が楽!

上から

  • DVDスーパーマルチドライブ
  • 17メディア対応マルチカードリーダー
  • イヤホン・マイク端子・USB
  • 電源

となります。

マルチカードリーダーとUSB部分はPCを下(足元)に置くとほぼ見えないので手探り状態で差し込まないといけないのが残念。側にライト置いてますw

ケース上部
ケース上部
上部にもファンが!このケースは熱を徹底的に廃熱させます。
ケースに「IN WIN」のロゴが。IN WINケースはカッコいいのが多くて好きです。

ケース背面
ケース背面
GeForce GTX770のグラボが嬉しい!
デュアルモニターの作業が捗りそうです。

付属品の箱を開けてみます
付属品の箱を開けてみます
キーボード、マウス、電源コード、HDD取り付けパーツ、変換コネクタ

キーボード、マウス、電源コード、HDD取り付けパーツ、変換コネクタなど。

HDMIケーブルが付いてました。
HDMIケーブルが付いてました。
さてさて、パソコンを一度起動して確認後、「DVDスーパーマルチドライブ」を→「ブルーレイドライブ」に変更します。

Pioneer BDR-209BK
Pioneer BDR-209BK
PC購入時ブルーレイドライブにするより自分でブルーレイドライブのみを秋葉で購入(8,000円程度)して後から取り付けた方が格段に安いのです。
5,000円以上浮き、さらに付属してあるDVDスーパーマルチドライブも手に入るんだからお得♪

パイオニア BDR-209BK
パイオニア BDR-209BK
ブルーレイドライブはパイオニアの「BDR-209BK」バルク ソフト無し。

追記:今は「パイオニア Windows10対応 BD-R 16倍速書込 BDR-209BK2 」が販売中。

DVDスーパーマルチドライブ

さあ、このDVDスーパーマルチドライブをはずしましょう。
初めてのPCを分解するのはドキドキですね。

側面を止めているネジをはずします

まずは背面から側面を止めているネジをはずします。

側面の蓋をはずしました。
側面の蓋をはずしました。
う~ん、埃がなくて綺麗w

水冷CPUクーラーが良いですね。
メモリにホース被ってるけど後から取り付けられるのかな?

DVDドライブに付いているコードをはずし
DVDドライブに付いているコードをはずし

前面よりDVDドライブを抜き出します。
前面よりDVDドライブを抜き出します。
ブルーレイドライブを挿し込みコードを付け替える

そしてブルーレイドライブを挿し込みコードを付け替えるだけ。簡単!

WESTERN DIGITALの3.5インチ内蔵HDD(2TB SATA6.0Gb/s 5400rpm 64MB)WD20EZRX-R

ついでにハードディスクも増設します。
ドスパラで2TB7,480円!ハードディスクも後から購入して増設する方が格段に安いです!

WESTERN DIGITALの3.5インチ内蔵HDD(2TB SATA6.0Gb/s 5400rpm 64MB)WD20EZRX-R

ハードディスクは『WESTERN DIGITALの3.5インチ内蔵HDD(2TB SATA6.0Gb/s 5400rpm 64MB)WD20EZRX-R』

追記:上記商品は既に販売していないのでこちらをご紹介
電源コードが邪魔

さてさてハードディスクを入れたいのだが電源コードが邪魔して動かない。
もんのすごーく硬く圧縮してあってガチガチでビクともしない。

無理やり押し込めば入るかと思ったけど無理。
前面から入れるのかな?と思い前面パネルをはずしてみることに。

4つのネジを外し

4つのネジを外しながら「面倒くせー、これはないな」と思いつつもファンをはずしHDDを入れてみる。


・・・おしい!入りそうで入らない!
写真見る限り入りそうなもんだけどHDD取り付けパーツが前面からはひっかかって入らない!

クソっ

もうこうなったら邪魔な電源外して入れてやる!
なんでハードディスク入れるだけでこんな面倒な事になるんだ・・・と思いながらもいくつかネジを外し

電源を取ってみた
電源を取ってみた
背面の電源が抜けた穴からHDDを突っ込み

そして背面の電源が抜けた穴からHDDを突っ込み無理やり挿入。
ここからでも物凄いケーブルが邪魔で入れるのに苦労しました。

無事に入れられました

なんとか無事に入れられました。
ハードディスクを入れるだけでここまで面倒になるとは思いもしなくこのケースはコンパクトだけどこんなデメリットがあったかぁ、とちょっと残念。

以前の「EPSON Endeavor」がめちゃくちゃカスタマイズしやすかったので余計に面倒ですがまぁそうそうパソコンもいじらないのでいっか。

起動は爆速です!OSインストールをSSDにしたのでもう本当に早い!
起動までのストレスなくなっただけで感動&買ってよかった♪

メモリー8GBだと若干不安でしたが重いアプリ4~5個同時に使用しても問題なく作業できました。

ゲームPC向けですがクリエイティブな作業PCとしても超パフォーマンス発揮できるのでお勧めのマシンです!

カスタムのしにくさを除けば^^;
その他詳しい商品説明は下記からご覧ください。

追記:電源ケーブルをまとめてある結束バンドを切れば、少し入れやすくなりました。



0 件のコメント:

コメントを投稿